抜け毛の原因,男性ホルモンとストレス

抜け毛の原因,男性ホルモンとストレスのページを説明

新着記事一覧

抜け毛の原因,男性ホルモンとストレス

男性は年とともに毛髪が薄くなる傾向があり、人知れず悩んでいる人もたくさんいます。

そもそもなぜ髪が抜けるのでしょうか?

毛は抜けるのは自然な現象で、新しい毛に常に生え替わるようになっています。

抜け毛の原因の一つに男性ホルモンがあります。

男性ホルモンの「テストステロン」は、5αリダクターゼという酵素によって「デヒドロテストステロン」という物質に変換されます。

これが髪の成長を阻害し、髪の毛が早く抜ける原因物質として毛細胞に働きかけているのです。

抜け毛の原因が男性ホルモンである場合、それは遺伝による体質的なものだといわれています。

抜け毛、薄毛にはストレスも大きく関わっています。

毛髪を作る毛細胞は血流がよくなければ新しい髪を作るための栄養が行き届かないものですが、ストレスによって全身の血流が悪くなり、髪を作るための栄養が行き届かなくなります。

いろいろな悩みを抱えると抜け毛の悩みも抱えることになりますよ。

また、バランスのよい栄養摂取は体の健康だけでなく髪の健康にも大切です。

偏った食生活や生活習慣の乱れは、毛髪の再生サイクルを乱し、抜け毛の原因になります。

不規則な生活も髪の成長にはよくありません。

髪の毛は眠っている間に一番成長するので、十分な睡眠を取ることが大事です。

そして、髪が十分に成長するよう、正しい食事でたんぱく質、ビタミン、ミネラルを補う必要があります。

抜け毛の原因には、タバコやアルコールなども関係しています。喫煙は血流を阻害し発毛サイクルを阻害しますし、お酒の飲み過ぎも髪にも栄養がいき届かなくなる元になります。

そして髪の毛を洗う時、強く洗ったり、シャンプーが残っていたりしても抜け毛の原因になってしまいます。

パーマ、カラーリング、ドライヤーなども気をつけなければなりません。

どうして抜け毛になるのかわかれば、対策を考えることも可能になります。

遺伝以外は改善の余地があるはず。

悩んでばかりいないで、解決に乗り出してみましょう。



Category 悩み

おすすめ情報!の抜け毛の原因,男性ホルモンとストレスのリンクについて

おすすめ情報!の抜け毛の原因,男性ホルモンとストレスのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。