抜けた毛がまた新しく生える仕組み

抜けた毛がまた新しく生える仕組みのページを説明

新着記事一覧

抜けた毛がまた新しく生える仕組み

薄毛、抜け毛の悩みの解消には、薄毛、抜け毛の原因を知る必要があります。

抜けた毛がまた新しく生える仕組みを知っていますか?

毛の元の部分を毛根といいます。

毛根は頭皮の毛包の中から生えてきているのです。

新しく生える毛を作るための栄養分は、毛細血管に乗って髪の毛乳頭という部分に送られます。

毛乳頭は毛根の根本にあるふくらんだ部分の中心です。

そして、髪には毛周期というサイクルがあります。

毛周期は成長期、退行期、休止期を繰り返している現象で、これで寿命を終えた髪はまた新しく生えるのです。

成長期は人にもよりますが、だいたい3〜6年です。

それを過ぎると退行期に入ります。

これは2〜3週間とされ、その後休止期に入ります。

休止期に入ると次の毛髪が生える準備をしていますから、新しい髪の毛に押される形で自然に抜けるのです。

栄養が毛乳頭に行き届き、髪を作る機能を順調に働かせているかぎり髪の毛は健康です。

正常な毛髪でも、女性で140〜170本、男性で90本〜110本程度は抜けます。

休止期に入ると新しい髪が準備され古い髪が抜けるので、むしろ自然な現象です。

けれど、抜け毛の量があまりにも多すぎる場合はサイクルに狂いが出ている可能性がありますので、対策を立てなければなりません。

この髪の毛のサイクルを乱さないようにすることが、抜け毛を防ぐポイントです。

髪の生えるメカニズムを知り、自分の髪で何が起きているか知ることで悩みの対策を立てることができます。



Category 悩み

おすすめ情報!の抜けた毛がまた新しく生える仕組みのリンクについて

おすすめ情報!の抜けた毛がまた新しく生える仕組みのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。