髪が傷む原因

髪が傷む原因のページを説明

新着記事一覧

髪が傷む原因

髪が傷む原因は、無理にブラッシングすることや、濡れたままの髪にブローをするなどがあります。

ブラッシングを無理にしてしまうと、キューティクルをはがすことになって、髪にはよくありません。

タオルで水気をあまりきらないまま、ドライヤーなどをかけると水気を含んだ髪は、とても痛みやすく、キューティクルが剥がれ落ちやすいのです。

そしてシャンプーをするときに乱暴に洗うことも髪が傷む原因です。

髪の毛の表面にあって外からの刺激から守っているのがキューティクルですが、これによって髪につやが与えられるのです。

キューティクルは摩擦によってはがれてしまうので、シャンプーするときに乱暴な洗い方をしたりすると、簡単にはがれて髪はつやを失ってしまいます。

そしてもうひとつ、髪を冷暖房の刺激にさらしすぎるのも、キューティクルを守るという点ではよくありません。

濡れた髪は紫外線の刺激にも弱いので、濡れたまま日に当たることは避けなければなりません。

パーマやヘアカラーも髪にダメージを与えやすく栄養分を失いがちですので、できる限り間隔をあけるようにしましょう。

髪の痛みの改善策としてトリートメント効果の入っているシャンプーや、コンディショナーを使用し、髪のケアを十分行うことが良いと思います。

後、定期的に美容室に行き、プロの手によって、トリートメントを行っていただいた方がよいと思います。



Category 悩み

おすすめ情報!の髪が傷む原因のリンクについて

おすすめ情報!の髪が傷む原因のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。